「翠将鬼ジェルザーク」レベル1にサポ3で勝ちました☆

来てくださってありがとうございます。

エンドコンテンツである「常闇ボス」や「聖守護者」にソロサポでチャレンジすることは私の楽しみのひとつになっています。
元々1人で色々工夫して実験するのが好きなんですよね。
(ぼっちとも言う・・・)

実は「紅殻魔スコルパイド」のソロサポチャレンジもやっていて、惜しいところまでは行けてるんですけども、赤まで行って崩れてしまうことが続いていて未だ討伐成功には至っていません。

ということで、スコルパイドはいったん休憩して、今度はジェルザークにサポで挑んでみることにしました。

「ジェルザーク」サポチャレンジの構成

自⇒魔法+サポ⇒僧侶・天地(スティック)・魔法

という構成です。

サポ僧侶さんは、スティックの新スキル「スピリットゾーン」を覚えていて、かつブレス100の人を探しました。(現段階ではなかなかいなくて探すのが大変でした)

【スピリットゾーン】
・周囲の味方のMPを5秒毎に10ずつ回復
・効果は2分間で、最大240回復
・CTは240秒(200スキルにセットすると開幕時のCTは100秒)
・消費MP8

長期戦の場合、サポ戦ではMPの補充がとても大きなネックになるので、「スピリットゾーン」を使ってもらえると少しでも助かるかなという考えです。

また、ブレス攻撃もきついので、カカロンさんのフバーハに期待して天地を入れましたが、今回は扇ではなくスティックの人を選んでいます。
サポさんはジャンプをしてくれませんので、ジェルソルジャーのジェルハザード対策のためにホップスティックを期待しての起用です。

それと、サポ戦の場合、いつもは大体私が回復職をやるのですが、サポ魔法使いさんは魔法陣を使ってくれないので、効率よくリミットマグマを飛ばすために敢えて私が魔法使いを選択しました。
ジェルザーク戦では、リミットマグマを飛ばすことが最重要になると思うからです。

「ジェルザーク」サポチャレンジ時の私の装備とステータス

●黄昏の魔杖・・・呪文発動速度+18%
※黄昏の魔杖は、基礎効果に「開幕時60%で魔力覚醒」がついているのと「たまに同じ呪文が2回唱えられる」効果が大きいです。
●ソポスの額冠・・・最大HP+26
●ソポスのころも上・・・ブレスダメージ41%減
●ソポスのころも下・・・攻撃魔力+53
●ソポスのうでわ・・・呪文発動速度+20%
●ソポスのサンダル・・・転び・踊りG100%

●ダークアイ・・・最大HP+6
●智謀の首かざり・・・炎の攻撃ダメージ+2%(最大値ではありません)・攻撃魔力+5
●魔導将軍のゆびわ・・・行動時9%で早読みの杖・呪文威力アップの時間が5秒追加
●セルケトのアンク・・・攻撃魔力+20
●戦神のベルト・・・両手杖装備時炎攻撃ダメージ+11%、氷攻撃ダメージ12%、攻撃魔力と回復魔力+20
●不思議のカード・・・攻撃魔力、最大HP、きようさ各+15
●大地の大竜玉・・・最大HP+20

ちなみに、メラゾーマの威力は攻撃魔力999が上限となっており、それ以上攻撃魔力を上げても今のところメラゾーマの威力は上がりません。
また、超暴走魔法陣の上で呪文が確実に暴走するために必要な「きようさ」は517と言われていますので、「神業の手」の宝珠(炎)なども駆使してステータスを調整すると良いと思います。

今回の私の場合、攻撃魔力をギリギリまで上げたかったのでHPを犠牲にしています。
その分はバランスパスタを食べることで補っています。
また、杖の効果とあわせて呪文2回発動を狙うために「魔法使いの証」を装備しました。
とにかく魔法使いは1発でも多く呪文を打つことが大切だと思います。

【まほうスキル160~180】

【両手杖スキル160~180】

スキルは200まで解放されましたが、まだ何も触っていない状態でのチャレンジでした。
このあたりの組み合わせは色々な考え方があると思いますので、あくまで参考までに留めておいてくださいね。

「ジェルザーク」サポチャレンジのポイント

カカロンさんがフバーハをしてくれることが多いので、心頭滅却は開幕時のみで大丈夫です。

あと、サポ魔法使いさんは魔法陣を使わないので、できるだけサポ魔法使いさんの近くに行ってから超暴走魔法陣を使います。
(ただし、サポさんは位置取りが悪いことが多いので実際にはなかなか難しいものがあります)

それから、この構成だと魔法戦士さんがいないので、ぶきみなひかりは自分で頑張って入れます。
呪文耐性ダウンは今回必須(特にジェルソルジャーのリミットマグマ対策として)ともいえますので、できるだけ入れるようにしてください。
「ぶきみなひかりの技巧」と「ぶきみなひかりの瞬き」の宝珠は可能なら入れておくと良いと思います。

ただ、これソルジャーさんにはだいたい確実に入るのですが、ジェルザークにはなかなか入りませんでした。「ぶきみな閃光」を私は160スキルにしていたのですが、サポ戦の場合もう少し優先するほうが良いかもしれません。サポ魔法使いさんはよく使ってくれる印象でした。

あとはとにかく焦らないことですね。
ボルケーノはサポ戦の場合、飛ばなくても仕方ないと諦めましょう(笑)。1分間耐えれば何とかなりますし。

たくさんマグマが出てしまっても、がんばって一つ飛ばせば全部消えますので兎にも角にも落ち着くことが大事です。

私はジェルザークが赤になったら、もうソルジャーは無視して本体を叩くことに専念しました。

3回目のチャレンジで何とか勝利をおさめました。

でもタイムは本当にギリギリでした(笑)。
相方魔法さんが死んでしまうことが多かったので、やはり時間はどうしてもかかってしまいますね。

それでも、ジェルザークの場合、レベル1であればスコルパイドよりはだいぶ楽だと私は感じました。

まとめ

サポでのチャレンジは、誰にも見られるわけではないので自由に色々試せるのが楽しいです。

あまりソロサポで聖守護者にチャレンジする方はいらっしゃらないかもしれないのですが、もしもやってみたいなと思う方がいらっしゃったら、少しでも参考にしていただければと思います。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO