私がドラクエ10を引退する時

来てくださってありがとうございます。

最近、自分がアストルティアを去る日のことをよく考えます。
小さな休止はこれまでにも時々したことがありますが、完全にやめてしまうことは考えたことがありませんでした。

今もまだまだ私はドラクエ10を楽しんでいますし、引退するつもりも今のところはないんですが、たとえばリアルで何かあったりして、明日にでもやめなければならなくなる、なんてこともないとは言い切れません。

数日前に、家族が体調不良のために検査入院をしたこともあり、余計にそんなことを考えてしまうのです。

その場合、突発的な何かでログインも出来なくなったならそれはそれで仕方ないのですが、1日でも猶予があれば、私ならこうしようかなと思っていることを今回は書いてみようかと思います。

まず、大前提として、私はフレンドのどなたかにお金や物を送ることはしたくないと思っています。
それは、私がそうされた時にとても困ってしまった経験があるからです。

じゃあどうするのかと言うと、元々そんなに大金を持っているわけではないので、レアなものを中心に、全部をお花に換えちゃうのがいいかなぁって思っています。
そして、それを誰でも取り出せるように設定した収納家具に入れた後、フレンド限定でその旨を日誌に書こうかな、なんて。

そのお花を使って、フレさん達が思い思いにドレアを楽しんでくれると、ドレア好きな私はとても嬉しいなぁと思うのです。
あ、おたから花も夢があっていいかもですね。

あとは、時間に余裕があれば大好きな調理でたくさんお料理をつくってそれも入れておけるといいかな。

それと、家具類もフレンドさんなら誰でも持って行ける設定にしておこうかな。
家具も誰もいなくなった家にずっと置かれているよりも、誰かに有効に使ってもらえる方がずっといいんじゃないかなって思います。

もしかすると、特別お世話になったフレさんには何かプレゼントを贈るかもしれませんが、それ以外はそんな風にフレさんみんなが少しずつ使える何かを用意できたらなと考えています。

そうは言っても、もし私が残される側になった場合を考えてみると、そうやって置いて行かれたものっておいそれとは使えない気がするので実際は難しいのかもしれませんが…。
どうなんでしょうね。
でもまぁそうなってしまったらそれはそれでいいかなって気もします。

なんて。

これ実は、とあるフレさんの受け売りなんですけどね(笑)。
そのフレさんは、引退するときにはドルセリンを山ほど収納家具に詰め込んで、それをみんなに使ってもらってアストルティアの世界を駆け巡って欲しいのだとおっしゃっていました。
それを聞いてとても素敵だなぁと思って、私ならどうしたいかなと考えてみたわけです。

そんなことをほんのりと考えつつも、まだまだ遊び足りない私は、今日もまたアストルティアの世界に出かけていくのでした。

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO