サポ戦士さんと行くダークキング2人討伐(強さレベル2)

来てくださってありがとうございます。

一時期私は、あるフレンドさんとよくダークキング2人討伐の練習をしていました。
これは、ドラクエ10のバトルにおいて臨機応変に対応できる力をつけるために行なっていたものです。
レベル2までは何とかクリアしていて、レベル3も惜しいところまでは行けるようになっていますが、最近はそのフレンドさんがお忙しいためなかなかチャレンジできていません。

それで、今ならサポート戦士さんとでも行けるんじゃないかな?とふと思ったのです。
で、思い立ったが吉日というわけで(笑)、サポート戦士さんと僧侶の私とでレベル2のダークキング2人討伐にチャレンジしてみました。

ダメ元と思っていたため、サポートさんは耐性など何も考慮せず、その時たまたま借りていた戦士さんをそのまま連れて行きました。
なので毒耐性なしの両手剣戦士さんでした。

ちなみにステータスはこんな感じ。

試練やフィールド用の攻撃力盛りの戦士です。

一方、僧侶の私はこんな装備とステータスです。

毒耐性は頭につけていて、どちらかと言うと回魔盛りです。
料理は私はバランスパスタ☆3を食べましたが、手持ちが他になかったのでサポ戦士さんには、たまたま持っていた☆なしのバトルステーキ(私の失敗作)を食べて頑張ってもらいました(笑)。

というわけでいざ実戦!

2人討伐と言うと、なんだかものすごく難しいことをしているように思えるかもしれませんが、実は僧侶的には回復などの対象が2人だけなので4人PTより楽なのです。

何より敵のターゲットがわかりやすい!

ただ、サポさんはちょこまかとよく移動するので、なかなか壁になってもらえません(笑)。

戦士との2人討伐の場合に僧侶として注意することとしては

●ターゲットをよく見て、自分がタゲで壁が成立している時に天使や祈り更新をする(前衛タゲの時にこれらをやると回復が間に合わなかったりして危険です)
●真やいばが入っているかどうか常に確認し、入っていないようなら適宜ファランクス・アイギスをする。余裕があればスクルトも
●戦士さんへのキラポン・聖女はできるだけ戦士さんが後ろに下がってきたタイミングでかける
●HPが減ったら即ベホイム、ではなく、たとえば戦士さんのHPが少し減っていてもタゲが自分であれば自分が攻撃された後にまとめてベホマラーをするなど常にターンをためることを意識する
●基本的にはレベル2まではターンエンドのキングプレスを避けるためにエンドまで引っ張らず、自タゲの場合はダークキングが15歩(「ふよふよ」音がするので15ふよ?)ぐらい歩いたところで当たりに行きます。ただしこれも臨機応変に。クリスタル密集地帯に突っ込んで行ったりしないよう注意
●クリスタル召喚されたら自タゲの場合はクリスタルのないところまで引っ張ることを意識する
●ダークキングのHPが黄色くなったら特に不用意に前に出ないように注意する(ダークシャウト警戒のため)

プレイヤーどうしの場合は前衛がしっかり位置取りを意識してくれているのでいいのですが、サポさんの場合はクリスタルについては完全に無視されてしまうので辛いです。
特にダークキングの名前の色が黄色以降は頻繁にダークシャウトやキングプレスを使われるので要注意です(と言いつつ当たりまくっていました(笑))。

相手がサポさんだとなかなか厳しいですが、頑張ってできるだけサポさんを壁にするよう位置取りします。

そんなこんなで

なんとかかんとか1回目のチャレンジで討伐成功しました!

時間は本当にギリギリでした(笑)。

サポ戦士さんは火力など考慮してくれないのでどうしても時間はかかってしまいます。
1度死なせてしまったこともありましたし、シャウトやプレスは避けられないことが多くてその分手数が減ります。
もう最後のほうは時間切れが怖くて、私も槍に持ち替えて攻撃しようかと思いましたが、回復できるのが自分だけなのでぐっとこらえて回復に専念しました。

とまぁ大変ではありましたが、サポさんならではの対処法も考えなければならなかったりで、なかなか勉強になったし面白かったです。

今度はサポバトマスさんともやってみたいなと思います。
それと私が前衛でもね(笑)。

みなさんも、とっても楽しい2人討伐に是非チャレンジしてみてくださいね☆

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO