行く河の流れは絶えずして

来てくださってありがとうございます。

実は先日、私はめでたく(?)○○回めの誕生日を迎えました。
(問題 ○に適当な数字を当てはめよ)

もう誕生日が嬉しいという歳でもなくなったのでそのこと自体は別にどうでもいいのですが(笑)、私のフレンドさんの中に、毎年この日になると律儀に私にお祝いのメッセージを送って下さる方がいらっしゃいました。

その方は私が初めて入団したチームのメンバーの一人で、同じチーム員だった頃はよく一緒に強ボスに挑んだりしていましたが、私がそのチームを抜けてからはほとんど絡むこともなくほぼエアフレ状態となっていた方でした。

エアフレなのに何故お祝いを?と不思議に思いますよね?
実は、その方と私には、ある共通点がありまして。
なんと、その方と私の誕生日は偶然にも同じ日だったのです。

なのでその方は、毎年ご自分の誕生日を迎えると、いつも私のことを思い出して下さりわざわざプレゼントを添えて私にお祝いのお手紙をくださっていたのでした。

そういうわけで私の方も、毎年負けじとその方にお祝いを送るのですが、いつもいつも先を越されてしまっていました。

そこで、よし!今年こそは絶対先に送ろう!と思ってふと改めてフレンド欄をみてみると、いつのまにかその方の最終ログイン日が「半年以上前」になってしまっていることに気付いたのです…。

私は普段からあまりフレンド欄をじっくり見る習慣がなく、申し訳ないことにエアフレンドになってしまっていたその方のログイン状況の変化にまったく気付いていなかったのです。

去年その方からいただいたお手紙にはこう書かれていました。

「ver4楽しんでいますか?自分は今は防衛軍にハマっています。いつか一緒に行きたいですね」

去年の今頃は、そのフレンドさんは確かにドラクエ10を楽しんでいました。
なのにそれから半年後にはログインをしなくなってしまっていたのです。

そんなわけで、フレンドになって以来初めて、その方からのお手紙が届かなかった誕生日となりました。

単にドラクエ10がつまらなくなってやめてしまったのか、それとも何かご事情があるのか、少し気になっています。

いずれにしろ、ドラクエ10もサービス開始からすでに6年以上経っていますから、みなさんそれぞれに色々と身の回りに変化もあったでしょう。私自身もそうですし。

かつて、私はこのブログで「始まったことはいつか終わる」と書きました。

その通り、どのフレンドさんとも永遠にこのままということはないことはよくわかっているのです。

わかってはいるのですが…。

やっぱり寂しいですね。
特に古くからのフレンドさんが休止、引退をされるのは堪えます。

それで、このタイトルの言葉が思い浮かびました。
有名な鴨長明の「方丈記」の冒頭の一節ですね。教科書にも出てくるのでご存知の方もきっと多いでしょう。

行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。
よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。
世の中にある人とすみかと、またかくの如し。

本当にこの言葉通り、リアルと同様にアストルティアの世界もやっぱり「諸行無常」なのです。
寂しいことかもしれませんが、その事実から目を背けるわけにはいきません。

けれども。

そんな風にお別れがある一方で、逆に、もう二度と会うことはないだろうと思っていた方との思いがけない再会もあったりするのがこの世界の面白いところで。
それもまた、今が永遠ではないからこそ、起こったことと言えるでしょう。

そう考えれば、時の流れというものは、良くも悪くも全てを「過去」に変えてしまうものですし、やっぱり偉大なものだなと感じざるを得ません。

そう、人の細胞もこの世の中も、ぱっと見では変化がないように思えて、その実、毎日少しずつ入れ替わっていて、1日たりとも同じ状態でいることはないのです。

前の日に笑って「また明日」と言って別れたフレンドさんが次の日にいなくなってしまうことがあったとしても

逆にずっと以前に休止してしまったフレンドさんが、明日になればまたひょっこりと戻ってくるかもしれない

私自身も明日はどうなっているか、それは誰にもわからないけれども。

それでも私は、やっぱりすべての物事が良い方向へと向かって行く未来に期待したいのです。

冒頭のフレンドさんには、精一杯の想いを込めて
「戻って来られたらまた遊びましょう」
とのメッセージを送りました。

果たして私が送った手紙は、フレンドさんの目にとまる日が来るのでしょうか。

いいえ。

別に届かなくてもいいのです。

どこかの空の下で元気にしていてくださればそれだけで。

そんなことをしみじみと思った誕生日の夜でした。

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO