へっぽこ「ブメ賢者」奮闘中☆

来てくださってありがとうございます。

前回、私が「ブメ賢者」をやるに至った経緯のお話をしましたが、

その際にあるフレンドさんからこんな言葉をいただきました。

「出来るようになりたければ練習すればいいし、やらなければいつまで経っても出来るようにはならない」

「出来るようにはなりたいけれど、やったことがないので不安」
という私の言葉に対しての返答です。
こうやって改めて書いてみるとごく当たり前のことなんですけど、その時の私の心にはとても響きました。

初めは誰でも出来なくて当たり前だし何度もやってみてコツを掴むしかないな、そう思って、たとえば邪神など、それまで僧侶や他職で行っていたところにも賢者でどんどん参加するようにしてみました。
もちろんスコルパイド戦もです。

最初の頃は本当にひどいもので、回復が必要な場面で「しんぴのさとり」の更新をしていたり、敵の行動を見ずに何かをやろうとしてムダに攻撃を受けて死んでしまったり。
それでも何度もやっているうちに、なんとなくですが、どのタイミングで何をするべきかが少しずつわかってきたように思います。

そこで、私なりにスコルパイド戦で賢者をやる上で気をつけていることを今回は書いてみたいと思います。
とは言え、あくまでへっぽこ目線ですのでもっと上手い方から見れば全然ダメなのかもしれません。
間違いやここはもっとこうしたほうが、というご意見などありましたらコメントなどでご指摘いただけると嬉しいです。
なお、まもの使い×2、道具使い(1なら魔戦の場合も)、賢者構成を前提としています。
また、私はレベル3は未経験ですので、今回はレベル2までを想定した内容となります。

開幕について

「ブラッドウェーブ」を警戒して、壁に入った人の真後ろにならないよう少しずれて下がります。
この時、いつ攻撃がきても回復や蘇生が間に合うよう、コマンドは「呪文」を開いています。
スコさんの行動が「ブラッドウェーブ」ならすかさず「特技」に変更して「むげんのさとり」をします。
自分タゲなら前衛が壁をしてくれますので、大きく下がりつつ「むげんのさとり」、他の方がタゲの攻撃なら「ベホイム」をしています。
(「さとり」がない状態では回復量が足りませんが、固まってダメージを受けているようならベホマラーになります。)

ターンエンドまで

基本的にスコさんがターゲットに向かって歩き出してから15秒でターンエンドになります。
つまり、ターゲットになった人が15秒間スコさんに追いつかれずに逃げ切ると、スコさんはその人を諦めて近くにいる別の人に攻撃をします。
壁をしている人はターンエンドまでの間は自分が狙われないので安全に攻撃ができますし、逃げている人もその間にターンをためることができます。

ただ、スコさんのターンエンド攻撃には「通常攻撃(レベル3ではデス・スコルピオ?)」だけでなく「紅蓮の熱波」があります(HP黄色時からは「覇軍の法」も)。

紅蓮の熱波・・・周囲全員に約310ダメージ×2回+いてつくはどう+ひかりのはどう
覇軍の法・・・・周囲全員をふっとばし+ショック+移動速度低下+守備力0にする。さらにスコルパイドのテンション1段階上昇+行動間隔2段階短縮+攻撃時にHP回復

ターンエンドまでターゲットが逃げ切る戦法(エンドまで引っ張ると言います)の場合は、これらを避けるために壁をしている人はターンエンドにツッコミ避けをしますので、ターゲットになった人はできるだけ後ろに下がります。

ツッコミ避け・・・「ツッコミ」は通常は混乱や麻痺の解除に使用されるが、対象まで一瞬で近づくことができるため、敵から一気に距離をとりたい場合などにも使用され、それが通称「ツッコミ避け」と呼ばれる

また、ターンエンドまでの間に、スコさんと壁に入っている人との間で「押し反撃ゲージ」というものが貯まっていっています。
スコさんの場合は、だいたい9秒ぐらいで貯まりきるようです。
スコさんがターンエンド行動をした場合は、その時点で相撲状態が解除されていると(相撲をやめて2秒ぐらいで解除されます)、このゲージも解除されて0に戻りますが、「押し反撃ゲージ」が貯まり切った後ターンエンドまでにターゲットが追いつかれて攻撃を受けた場合、直後に「押し反撃行動」も追加で行われます。

スコルパイド戦での押し反撃行動・・・「通常攻撃(レベル3ではデス・スコルピオ?)」「紅蓮の熱波」(HP黄色時からは「覇軍の法」も追加)

これを利用して、逆に「押し反撃行動」を誘発する戦法が今はスコルパイド戦では主流になっているようです。
具体的なやり方については色々なサイトに書いていますので細かくは書きませんが、壁役が壁をはずす戦法の場合は念のためファランクスを入れて待機、攻撃を受けたら速攻でジャンプしながら下がってベホイムです。

ターゲットが当たりにいく戦法の場合は、私はだいたいまもの使いさんが3回タイガーをしたら横から当たりにいって、ピョンと飛びながら戻る感じです(わたあめを食べているのでふわっという感じかな?)。
当たりにいく前はできるだけ「当たります」とチャットをするようにしていますが、慌てているとなかなかできないので、ここも要練習です。

ザオトーン時の行動

スコさんの真正面と前衛の真後ろをさけて少し下がった位置で「きせきの雨」を使います。
硬直が結構長いのでブラッドに当たらないよう十分注意です。
たいてい他の方が同時に「せかいじゅのしずく」を使ってくれますので回復は焦らなくて大丈夫かと思います。
死人が出てしまった場合は、アイギスやファランクスを入れてます。
リンク相手が死んでしまった場合、「やいばのぼうぎょ」も適宜使いたいところですが、なかなか難しいです。
ザオトーンアビスの場合は、雷のダメージがあるのでベホイムは使わずすべてベホマラーで回復します。
きせきの雨があるのでベホマラーでほぼ満タンまで回復できます。

ザオトーンは1分間なので、左上の残り時間の秒数で判断するのがいちばんですが、うっかり見落とした場合(私はとても多いです…)、「きせきの雨」の効果も1分間なので、このアイコンが点滅しはじめるともうすぐザオトーンが切れると判断できます。
(ただしザオトーン直後に使った場合です。)

ザオトーン明けは、ブメ賢者としてはレボルなどやりたいところですが、「しんぴのさとり」の更新や「いやしの雨」を優先しています。

「むげんのさとり」「しんぴのさとり」のタイミング

基本的に誰かが攻撃される可能性がある時は使いません。
ブラッドウェーブの直後や魔蝕、絶の震撃の時などに使います。
効果時間が2分と短いのでできるだけ早く更新したいのは山々ですが、結構硬直が長いので、その間に誰かが攻撃されて回復が追いつかないと元も子もないですから。
また、「むげんのさとり」はCTが長いので、開幕以外はできるだけ温存しておいて、うっかり死んでしまった際の蘇生後に使ったりします。

同様に「いやしの雨」もできるだけ使っておきたいところですが、これも同じようなタイミングを狙っています。

その他に注意していること

●リンク先のまもの使いさんの近くに寄らないこと。巻き込まれて共倒れになります(よくやります…)。
●わたあめの効果切れに注意すること。効果時間は15分です。レベル1なら途中で食べなおしは不要かもですが、レベル2以上で15分以上になりそうなら戦闘開始後5分たったら食べなおしてもいいかなと思います。
●常にジャンプしながら行動すること。特に蘇生時などうっかりしがちなので、ザオラルの際にも飛んでから、を意識するようにしています。
●リンク切れに注意すること。効果時間は5分と結構長いので更新を忘れがちです。また「紅蓮の熱波」でもはずれるので、賢者もこのアイコンをよく見ておいて、切れそうなら声をかけるといいかと思います。
●スコさんの名前が赤になったら、特に行動に注意。杖の先をよく見て色が変わったら「深紅の血陣」なので即その場を離れます。私はこれに気付くのが遅れることが多いので目下の課題です。
●円陣殺の時はカメラの視点を上からにして、円の範囲を確認すること。基本的にスコさんの正面は避けてリンク相手以外と同じ場所にいるようにしますが、スコさんに近寄りすぎると横にいてもブラッド被弾しますので注意です。

まだなんかあったような気もしますが、とりあえずこんなところでしょうか。

まとめ

またまたものすごく長くなってしまいました。
細かい動きなどについては他のサイトや動画がたくさんありますので、そちらを参考になさっていただければと思います。

なんといっても私はまだまだへっぽこなので、今回は自分自身の復習のために書いたものですが、ほんの少しでもどなたかの参考になれば幸いです。
それから、再度になりますが、間違いや「もっとこうしたほうが」という点があればご指摘いただければ有り難いです。

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO