スコルパイドで思わぬ収穫があったお話

来てくださってありがとうございます。

相変わらずスコルパイドさんはレベル1を倒すのがやっとの私です。
…というか、怖くてレベル2になると緑玉を出すのもためらってしまうのですよね。
なのでまだフレさんにお誘いいただいた時にしかチャレンジしていないという現状なのでした。
まぁまだまだ私はヘタクソなので、もう少し1で経験を積んだほうが良い気もしています。

そんなわけでレベル2と3の日はスコさんには行かずに別のことをやっています。
今は、先日お話した「自分に負荷をかける」活動の一環として、野良でのコインボスチャレンジをしていたりします。
ゆうべは「ゲルニック将軍」、そしてその前の日には「ギュメイ将軍」の持ち寄りに参加してきました。
ゲルニックさんは10の日にもらったカードの消化のため、そしてギュメイさんのほうは、忠義の勲章のHP埋めのものをつくるためです。
今はスコルパイドの募集がやっぱり圧倒的に多いですが、人の多い夜の時間帯ならまだどちらもそこそこ募集はありました。

野良はずっと怖かったのですが(そして今も怖いですが)、思い切ってチャレンジしてみると、色々な方との一期一会を楽しめてなかなかいいものだなと思えるようにもなってきました。
ゆうべのゲルニックさんは、死屍累々という感じでなかなかのカオスでしたが、それはそれで楽しめました(笑)。
大袈裟ですが、私にとっては”野良で楽しめた”ということ自体が画期的なことで、ひとつ自分の自信につながりました。
でもこれもすっかり慣れてしまったらもう少し別の負荷のかけかたを考えなくてはいけませんね。

↓なお「自分に負荷をかける」活動についてはこちらをお読みください。

さて、それはそうとタイトルの「思わぬ収穫」のお話です。

実装されてからもうすぐ1ヶ月になろうとしているスコルパイドさんですが、それに伴い、私の身の回りに2つほど変化がありました。
ひとつは、すっかりエアフレ化していた方と再度遊ぶ機会が増えたこと、そしてもうひとつは、私が「ブメ賢者」を出せるようになったことです。

最近は、ほぼなんでもソロで行くようになり、たまに一緒に遊ぶフレさんも固定化しているような状況でしたが、このたびのスコルパイド実装以来、本当に久しくPTを組んだことのなかったフレンドさんからたびたびお声をかけていただけるようになりました。
5年ほど前に同じチームだった頃PTを組んで以来の方とか、3年ほど前にフレのフレとして遊んだ際にフレンド申請をいただいたっきり遊んだことのなかった方だとか、一時はよく遊んでいたものの最近はすっかりご無沙汰だった方とか、どういうわけだか、そんな「エアフレンド」状態になっていた方たちともう一度会話が出来てPTを組んで一緒に遊べる機会がとても多くなった気がします。

これは本当に嬉しいことです。
誘いたいなぁと思いながらも勇気が出ずにこちらからは声がかけられなかった方からお声をかけていただけるというのは、とてもとても嬉しくありがたいです。
ただ私がへっぽこであるが故、なかなかお役に立てないことが心苦しくはあるのですが…。

で、何故最近になってこんな風に色んな方から声をかけていただけるようになったのだろうかと考えてみました。
賢者不足だというのもあるのでしょうが、おそらく皆さんスコルパイドにたくさん通いたくて、とにかく色んなフレンドさんに声をかけているのだろうなと思います。
それと、私自身が書き置きや日誌で「スコルパイド行きたい」「誘ってください」ってたくさんアピールしていたからかな、なんて(笑)。
やはり、誘いたくても相手がそれを望んでいるかどうかわからないとためらってしまいますもんね。

たぶん、私を誘ってくださったフレさんたちも、きっとかなり勇気が要ったと思うのです。
だってもう数年言葉も交わしていない人に声をかけるのですから。
だから私もそれにきちんと応えて結果が出せるようにもっと上手くなりたいなって思います。
そしてもう少し自信をつけて、今度は私のほうからフレンドさん達に声をかけられるようになりたいです。

なんだかダラダラと長くなってしまいましたので、「ブメ賢者」については次回にさせていただきますね。

【オマケ】
今日のゆずもちくん

スキル上限解放クエで踊ってました。

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO