キラキラまぶしくて…

来てくださってありがとうございます。

スコルパイドも強さが2巡し、3回目のレベル1の昨日は、ネットにもたくさんの討伐報告が上がっていました。

うっ!ツイッターのタイムラインがキラキラまぶしい!(笑)

よし!今日は私も頑張って討伐するぞ!

そう思うも、諸々のことが一段落してドラクエ10にログインできたのは既に深夜近く。
夜中まで遊ぶようなガチなフレンドさんたちは、もうみんな既にPTを組んで魔天の聖廟にいます。
たまにPTを解散して一人になっている人がいるかと思えば離席マークだったり。
それでも思い切って声かけてみようかなぁと思いつつ、「いやでもこんなへっぽこに声かけられても迷惑なんでは」「もう寝るつもりなのかも」などうだうだと考えてためらっているうちに、あるフレさんにはログアウトされてしまったり、また別のフレさんには新たにPTを組まれていたりしてやっぱり誘えません。

そんな私を見かねてか、ふいに一人のフレさんが声をかけて下さいました。
「是非一緒に行きたいんだけど、職がかぶっちゃうんだよね><」
とのことでした。
私もそのフレさんも前衛は不慣れなので今回は賢者で参加予定なのです。

「まもも魔戦も出来るように練習するから、絶対一緒に行こうね!待っててね!」

との言葉をいただき、思わず画面の前で泣いてしまったぐらい今は情緒不安定な私です(笑)。

そんなはずもないのに、なんだか世界中で一人ぼっちになってしまったような気分になったり、自分がゴミ以下の存在に思えてしまったり。
はい、お約束のごとくすっかり闇堕ちしております(笑)。

それでも、ゆうべは超・超勇気をふりしぼって料理1回分だけ野良にチャレンジしてきました。
フレさん曰く、「今回は野良では厳しいボスなので、勝ちたいなら自分がリーダーになって装備がちゃんとしてる人を誘うほうが確実」とのことでしたが、ほぼ初見とも言える私にそんなおこがましいことができるわけもなく…。
「初見です。練習希望」とコメントを書いて賢者で待つこと数分、やはり練習中だという「まも・まも・どうぐ」PTに拾っていただきました。

やる気MAXだった骨犬3の時とは違い、かなり挙動不審でガクブルしていた私でした。
賢者自体が不慣れなのもあります。
僧侶と似たようなものだとある意味タカを括っていた部分があったのですが、実際は全然違いました。
一度死んでしまうと立ち上がりが遅く、さとりも雨も硬直が結構あるのでタイミングが難しかったです。
(そういえば、まだ「いやしの雨の瞬き」宝珠を持っていないので、早めに取りに行きたいです。)

心の中で「ザオトーンきたら奇跡の雨」とつぶやいていたのですが、今回のPTはそこまで到達するのに時間がかかり、見切り発車で使った後にザオトーンが来てしまったり、ザオしようと近づいた矢先に魔蝕がきちゃったり、とにかく焦ってしまってスコさんの行動をよく見ていなかったので、PTの人たちにかなり迷惑をかけてしまいました><
不慣れとはいえこれは情けない。もっと練習したいなぁと強く思いました。
でも、残念ながら勝てなかったけれど、雰囲気はとても良いPTでした。

そんなわけで、なけなしの勇気を振り絞っちゃって抜け殻になった私に残っていたのは、いつものごとくソロサポでの練習の道のみ。

今回は、初回に試したのと同じ

私⇒僧侶+サポ⇒まもの・魔戦・賢者

でした。

ちなみに前回はこんな感じでチャレンジしていました。

僧侶だと練習になりにくいかなぁと思いますが、サポはジャンプをしてくれないので「絶の震撃」でほぼ壊滅します。そこがクリアできないとサポ攻略は難しいと思います。

となると、やっぱり浮いててしかも硬いミステリドールが有望株かなぁと思い、実はミステリドールも試してみたのですが、まだ育ちきっていないのであまり参考にならないということで今回は記事にしませんでした。
ただ、ミステリドール入りだと本当に死ににくいです。火力的にソロサポだと難しいかもですが、フレさんと2人でやるならいけるかもしれません。

とまぁ、人見知りコミュ障には少し厳しい今回のスコルパイド戦です。
気分は毎日あがったり下がったり、ジェットコースターのようにめまぐるしく変わっていますが、
それでもやっぱり私は私らしく
気長に地道に頑張っていきたいなぁと思っています。

何はともあれ

ハッピーハロウィン☆

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO