何かを「しない」は難しいのです

来てくださってありがとうございます。

いよいよ聖守護者第2弾「紅殻魔スコルパイド」の実装ですね!
私は勤務の都合で夜に初挑戦となるので、感想等についてはまた明日以降に書かせていただきますね(攻略情報は…きっと無理です^^;)
へっぽこの私としては、楽しみなのはもちろんなのですが、骨犬さんの時にさんざん凹んだように、今回もまた闇堕ちする日々が始まるのかもしれないと思うと、少し怖いような気もしています。
けれどもいずれにしろ、私は私らしく精一杯やるしかないなぁと思ってはいます。

それで、「凹み防止」というわけでもないのですが、今日は、以前私が色々あって「変わりたい」と思っていたときに、あるフレンドさんからいただいた言葉を、もう一度自分への教訓として書いてみたいと思います。

たとえば何かの目標を掲げる、誰かと何かを約束する、そういうときに割とよくやってしまいがちなのが「~しない」という決め事の仕方です。

ダイエットをしている人なら「お菓子を食べない」とかですね。
でもこれだと、たとえ飴一個でもおせんべい一枚でもうっかり食べちゃったら即「守れなかった」「果たせなかった」ということになってしまいますよね。
そうすると、がっかりしたり落ち込んだり、という結果に繋がってしまいます。
人間だもの、うっかりやらかしちゃうことなんて、きっと誰にもあるでしょう。
だから、結果的にこういう「~しない」という目標や約束は、果たしにくいものになってしまうのです。

では、これを「~しない」ではなく「~する」に変えるとどうでしょう。
「できるだけ階段を使う」「野菜を食べる」
これだと、1回でも2回でも、できたら実績になります。
こうやって自分で決めた何かがひとつできたら、それは自分の中で自信に繋がるし、人との間では信頼になります。

「できなかった」ことを責めるのではなく、「できた」ことを褒める

これは教育などいろんな場面でよく言われることですが、それをするためにも「~しない」じゃなく「~する」を目標にするといいんじゃないかなと思います。

そんなわけで、私は今回のスコルパイドさんの練習の場面でも、できるだけたくさんの「~できた」を積み上げて、少しでも自分に自信をつけたいなと思っています。

とはいえ、言うは易し行うは難し。
きっと私は今回もまた、たくさんたくさん凹んで地に落ちてを繰り返すことになるのだろうと思いますが、そのたびにこのことを思い出して、またゆっくりと歩き出せたらなぁ、なんて思う今日この頃なのです。

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。
(イチロー)

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO