手紙のススメ

来てくださってありがとうございます。

生きていると、誰でも辛いことがあったり腹の立つことがあったり、とか色々ありますよね。
強い感情に支配されてしまったり、自分がどうすべきかわからなくなってしまった時には、手紙を書くことをおすすめします。

誰宛てでもいいのです。
自分の思いを伝えたい相手はもちろん、過去や未来の自分宛てでも。
実際には出さない、行き場のない手紙を、時々私はひっそりと書きます。

書くことで、自分の気持ちを落ち着かせることが出来ます。
そして、それまでの出来事を振り返ることで、自分の中で色々なことが整理でき、ふと、今まで気づかなかったことに気付けたりするのです。

メール、LINE、ツイッターなど便利なものはたくさんあるけど、皆さんも、たまには心を落ち着けて誰かにお手紙書いてみてはいかがでしょうか。

閑話休題。

大好きなスピッツの歌に「8823(ハヤブサ)」という神曲があります。
その曲の中で

君を不幸に出来るのは
君を自由に出来るのは
宇宙でただ一人だけ

と草野正宗氏は歌います。

これ、すごい歌詞だなぁと思うのです(笑)。
究極のラブソングだと私は解釈しているのですが、この詞の解釈にはもうひとつの説があって

君を不幸にも自由にも出来るただ一人の人物は、実は君自身なんだよ

と読み解くのです。
もしかするとこちらの解釈のほうが正しいのかもですが、私はラブソングだと思いたいです(笑)。

ま、それは置いといて。

仏教説話にこんなのがあります。有名だからご存知の方も多いかもしれません。

人は死んだら生前の行いに応じて、閻魔様の裁きにより極楽か地獄のどちらかへ送られる。

ある者が飛ばされた先で見たのは、死者達が、とてつもなく長〜いお箸で食事をすることを強いられている光景でした。
お箸が長すぎるせいで、どんなに頑張っても目の前のごちそうを口に入れることが出来ず皆苦しんでいる。
なるほどこれは地獄だ、と思うわけです。

一方、極楽へ行った別の人は、同じように長い長いお箸を与えられてはいるけれど、それを使って2人で組んで、上手にお互いに相手の口にご飯を入れて、美味しい美味しいと食事を楽しんでいる光景を見るのです。
なんて温かく素晴らしい。まさにここは極楽だ、と感じるのです。

けれども実は、これはどちらも同じ場所であった、つまり、自分の考え方や行動次第で同じ場所が地獄にも極楽にもなる、というお話です。

不幸というのは、自分が一つの思いに囚われて自由になれない状態とも言えます。

自分を自由に出来るのも不幸に出来るのも、やっぱり自分だけ。
相手が悪い私は悪くないと思っているうちは何も変えられない。
変えられるのは自分だけ。

なんてことをつらつらと考える今日この頃の私です。

ドラキーマ「チリンチリン!ゆずもちさんからお手紙だよ」

ん?ゆずもちから??

そ、そのうちね(ーー;)

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO