【Ver4.3直前】ガタラ外伝クエスト「動き出した時間」復習その5

前回に引き続き「動き出した時間」のクエストをサブのゆずもちにやってもらっています。

さて今回がいよいよ最終話となります。
ゆずもちくん、最後まで頑張ってね♪

はぁ…わかったよ…

※なお、既にプレイ済みの方を対象にした振り返りとなりますので、未プレイの場合は完全なるネタバレになります。ご注意ください。

クエストNo.91「託された希望」ストーリー

自分が生きていた時代から既に数千年の時が経ち、肉親も敵も味方も誰一人もう残ってはいないことを知ったビャンくん。
その彼から、最後に自分の国である「ガテリア皇国」を一緒に探してほしいとお願いをされます。

自ら「遺跡」という言葉を口にするとき、彼の胸に去来したものはいったいなんだったのでしょう。

果たしてそんなことでこれから先を生きていこうと思えるものでしょうか…。

それがビャンくんの願いだと言うならどこにでも行きますよ。

と、ここでダストンさん登場です。

本当にダストンさんていい人ですよね。

このツンデレっぷりがとっても愛しい(笑)。

でもやっぱり一言多いビャンくんでした。

まぁそうですよね…。

ありがたいことにここでもしっかり便利システム搭載。ボロヌス遠いもんね。

既に廃墟となった祖国に立つビャンくん。心中は如何ばかりでしょう。

正直に心情を吐露するビャンくん。私も辛い…。

「忘れられし王の間」という名前がまた悲しい…。

とりあえず進みます。

うう…><

切ない…。

何か言いかけたビャンくんですが…。

そこへフンコロガシスカラベーダー登場。

これもあっさり秒殺。サポの皆さんお強い!

ここでビャンくんからの重大発表が。

やっぱり…。

うん、まだ止めてなかったけど…。

というところでどこからか突然「魔神兵」登場。

ビャンくんは、もしかすると中からリウ老師が出てくるのではないかとほんのわずかに期待していたのですが

残念ながらそんなことはなかったのです。

魔神兵にはリウ老師からの手紙が託されていました。
おそらく、ビャンくんと認識できる人物が来れば自動的にここまでやってくるようプログラミングされていたのでしょうね。
3000年間ノンストップエネルギー…すごいです。

やはりリウ老師は魔神兵には乗っていなかったようです。

魔神兵には手紙と共に、ある植物のタネが入っていました。

リウ老師…

わかるけど

わかるけどそれはあまりにも…。

そうだよね…。

一連の出来事の中で、大切なことをしっかりと学んだビャンくん。
リウ老師がビャンくんに託したのは「希望のタネ」だったのでしょうか。

と、それはさておき、これで「動き出した時間」のすべてのクエストクリアです。

リウ老師から託されたタネと共に希望を持って生きていくと誓ったビャンくんなのでした。

というわけで、最後は大団円…なのでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
なんとかVer4.3アップデートまでに間に合いました。

次のメインストーリーでは、リウ老師やグルヤンラシュ(名前覚えられない)に会えるのでしょうか。
そして、ビャンくんとの再会も。

彼は今どこでどうしているのか。

次のストーリーが本当に楽しみです!

 

ところでねーちゃん…

ん?なぁにゆずもち

これは…

いったいどういうことなのかな?

そそそそれは…

ちょっと家具を置かせてもらいたくて…

ごめんね♪

だからそれはやめろと何度も…。

おしまい☆

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO