【フレンド】性別一致ってそんなに重要ですか?

2018年8月23日

来てくださってありがとうございます。

前にも少し書いたことがありますが、私は冒険者の広場で他の方の日誌を読むことが好きで、暇な時にはよくカテゴリー問わずに色んな日誌を読んでいます。
最近、その中に、私からすると「?」と思う内容の日誌がありました。「フレンド募集」のカテゴリーでしたが

「キャラと中の人の性別が不一致ですがフレンドになっていただけますか?」

というものでした。
それを書いた方は、女性キャラを使っているけれど中の人は男性で、それが原因でフレンドを切られたことがあると言うのです。
私はそれを読んでとても悲しい気持ちになりました。

以前、キャラと中の人の関係について、私はこのような内容のことを書いたことがあります。
この中にもあるように、私自身はキャラと中の人は一体として見ていますが、あくまで性格などの内面をそのキャラに投影しているものであり、性別は関係ないと思っています。
でも世の中には、そんなことが気になる人もいるのですよね。

それで思い出したのですが、実は私も「キャラと中の人の性別不一致」問題で、ある方とのフレンドを解消したことがあるのです。
もちろん、その方がキャラが不一致だったから、とかではありません。
原因は、その方が書いた、とある日誌でした。ちなみに男性(本人いわく「キャラと中身一致)です。

内容を要約すると
「キャラと中の人の性別が違うなんて気持ち悪い。今まで可愛い女の子だと思って接していたのが実は男だったとか信じたくない。自分はそういうのはキモくて嫌なので、中身が本当は男だというフレさん、そっとフレンド切っておいてくださいね(笑)」
というものでした。

私にも、性別不一致のフレさんはたくさんいます。
いわゆる「エルおじ」さんも複数人いるし、魚男子を使っている20代女子のリアフレもいます。
でも私はそんなこと全く気にしたこともありませんし、第一ドラクエ内で遊ぶ上で中の人の性別など関係ないでしょう。
私はその日誌を読んで、自分のフレンドさんを侮辱された気がしてとても腹が立ちました。

それでも、それを書いた方は一緒に遊ぶことはありませんが日誌フレンドとして仲良く交流させていただいていたし、元々争いごとが苦手な私は強く抗議することはできず、
「私にも性別不一致のフレンドさんはたくさんいるけれどみんないい人たちなので、そんなことを書かれると悲しいです。」
のような主旨のコメントを残しました。
後で確認すると、私の他にも数人、私と同じような内容のコメントをしていました。

それに対して、その日誌を書いたフレンドさんは、
「半分ネタのつもりだった。そんなに不快にさせるとは思わなかった。申し訳ない。」
と謝罪はしてくださいましたが、私と同じコメントをした数人に対して、一斉に全く同じ内容の文章をコピペして返信をしていました。
そして、その他の人には「わかってもらえて嬉しい。不一致なんてキモいよねw」のような返信でした…。
とても不誠実な対応だと感じました。

そのいい加減な態度に、ついに私はブチ切れてしまったのです(笑)。

「コピペですか。あなたの気持ちはわかりました。もう私は”エルおじ”認定で結構ですのでフレンド解除させていただきますね」

そう捨てゼリフ(?)を吐いて、すぐにその方とのフレンドを解除しました。
物の考え方は千差万別ですし、不一致が気持ち悪いならそれはそれで仕方ないかもしれませんけれど、少なくとも公の場で侮蔑的な言葉で貶める必要はないのではないかと私は思います。

以上「性別不一致について」私が思ったことを書かせていただきました。

【8/23追記】
大変申し訳ありません。
コメントでご指摘いただき、自分自身でもよく考えた結果、最後の部分については蛇足であり、憶測で他人を貶める内容になっていると判断しましたので勝手ながら削除させていただきました。
そのため、少々収まりの悪い記事になりましたことをお詫び致します。

その上で、公の場で全方向に向かって物を言うということについて、もう一度私自身がよく考えたいと思います。
改めて、このたびは貴重なご意見をいただき本当にありがとうございました。

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO