想像力は世界を包み込む

来てくださってありがとうございます。

敵を攻略するには
まずは観察することから

とよく言われますが、私は、自分にはその肝心な観察力が致命的に欠けているなぁと常々思っています。

敵と言っても、単にゲームの中の敵という意味だけではなくリアルに於いても同様で、例えば仕事上のお客様だったり上司だったり、御し難い身内だったり、更にはもっと仲良くなりたい相手だったり。

「敵」「攻略」という言いかたもどうかとは思うのですけど、
要するにうまく対応して良い結果をもたらすためにまず心がけたい事は

相手をよく見ること

だと思うわけです。

アメリカでカリスマドッグトレーナーとして活躍されているシーザー・ミランという方をご存知でしょうか。
ダメ犬の烙印を捺され殺処分寸前にまで追い込まれた犬たちを見事に更生させているこの方は、「犬の気持ちがわかる」人として有名なのですが、だからと言って、彼が動物の言葉がわかる「ソロモンの指輪」を持っているというわけではもちろんないのです。

シーザーさんが言うには、犬と接する時に心がけるべきことは

目の前の犬をよく観察すること。
耳の向き、目の動き、尻尾の様子、全てをしっかり確認して、行動の徴候を見逃さないこと。

というわけで、彼もやはり大切なのは観察力だとおっしゃっているわけなのですね。

けれども「観察する」だけでもダメなんじゃないかと最近私は思うようになったのです。

観察力と同じぐらい「想像力」も大事なのではないかなと。
観察の結果として得られた情報から状況を推測して次の行動を選択する、そこには「想像力」が必要なはずです。

人間相手であれば、もしかすると「想像力」は「思いやり」に置き換えられる場合もあるかもしれません。

満員電車で立っているお年寄りに席を譲らない若者は、もしかしたら目には見えない病気を抱えている人なのかもしれない

オートマッチングでの戦闘の最中に棒立ちになっている人がいたら、もしかすると何かのっぴきならない事が起こってゲームの操作ができなくなったのかもしれない

ふだん私たちの目に見えているのは、相手のごく一部に過ぎません。
確かに「見えているのだから事実」ではあるけれど、そこから推測される状況は必ずしも「真実」とは限らないのではないかと私は思うのです。

冒頭で述べたように、私は他の人より観察力が大きく劣っていて咄嗟の状況判断もとても鈍いです。

でも少しの情報からでも、相手の状況を思い遣ることはできるかもしれないと思っています。
そして、理解し難い他人の言動も、そうやって色々状況を想像する事で理解を補える部分もたくさんあって、そうすることで
「そんなこともあるかもね」
と少し立ち止まって考えられることも増えてきたように思います。

かの有名なアインシュタインはこんな名言を残しています。

空想は知識より重要である
知識には限界がある
想像力は世界を包み込む

そう、

想像力は世界を包み込むのです。

アストルティアもリアルの世の中も、想像力で包み込まれる優しい世界であればいいなと心から願っています。

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO