闇に堕ちたエル子(第14話-さらさら)

そのことがあってからは、私はどうしてもそのエル子さんの行動に目が行くようになってしまっていました。

まだまだアクセが揃っていなかった彼女は毎週ピラミッドへ一人で通っていたようでしたが、確かに最初は一人だったはずが、気がつくといつのまにか彼が一緒に回っている姿を目撃することが増えていました。
(わざわざフレンド欄から確認していました…)

おそらく、不慣れな人の面倒を見ることが好きだった彼の方から彼女に声をかけていたのだと思います。
私は、自分がログアウトした後も2人から目が離せず、見てはいけないと思いつつ何度も何度も冒険者の広場から2人の居場所を確認してしまっていました。
やがて彼の居場所がピラミッドから魔法の迷宮に変わると、エル子さんの方もやっぱり同じ場所に…。

その日も同じでした。
時刻は真夜中。
次の日も私は仕事があるのに2人のことが気になってどうしても眠ることが出来ず、思わず彼のラインに「眠れない」とメッセージを送ってしまいました…。
「どうしたの?」という彼からの返事に私は本当のことは言えませんでしたが、彼は何かを感じ取ったようでした。

それからしばらくした後、私と彼といつもの男性とでPTを組んでいた時に、またそのエル子さんが彼に誘われてPTに入ってきました。

その瞬間、私は怒りとも悲しみともつかない気持ちに襲われ、いつもならすぐに挨拶をするところをその時はどうしても言葉が出てこず、しばらく無言になってしまいました。
すると、フレチャで彼から
「エル子さんが入るの嫌だった?」
と聞かれました。
私はしまったと思い、咄嗟に
「家族に話しかけられていて画面を見ていなかった」
と言い訳をして、すぐに「ごめんなさい、ちょっと離席してて気付かなかった。こんばんは!」と彼女に挨拶をしました。

今思えば、これがキッカケだったのだと思います。
この時おそらく、不穏な空気に気付いたエル子さんか一緒にいた男性が彼にフレチャで何かを言ったのでしょう。
この日を境に、私は一切彼からPTに誘われることがなくなってしまいました。

ログインしても誘われるのは私ではなく、私と全く同じ容姿の彼女…。
何も知らない人が見れば、一見同じメンバーで遊んでいるようにも見えたことでしょう。
彼と、いつも固定で遊んでいた男性と共にPTを組んでいるのは既に私ではなくなっていて、私のいた場所はいつのまにかそのエル子さんに取って代わられてしまっていたのです。

何故私は誘われなくなってしまったのか…。

彼からはこう言われました。
私が彼を好きだというオーラが出過ぎていて、周りもみんなその事に気付いている。だから自分からは誘えなくなったのだと。
そして、彼女のことは私の代わりとかではなく、彼女とはお互い相手がどこで何をしているなどの余計なことを考える必要がなく楽なのだとも。
同時に、今まで私が嫉妬した相手とは、いつもその都度距離を置くようにして私に気を遣っていたのだとも言われました。
思い返せば、私が嫉妬した相手は、確かにいつのまにか彼とは接点がなくなっていました。
例の三人組とも。
つまり彼にとっては既に私の存在自体が負担になっていたのでしょう。

けれど、私は、彼から距離を置かれた後は私なりに気を付けて立場を弁えた言動をしていたつもりでした。
なので思い当たることと言えば、上記の無言でいた数分間のことしかないのです。
だからきっとあれがきっかけだったのだと思うのです。

ともかく、その頃はログインしてもいつも私は1人でした。
彼らはいつも彼の家に集って何かを話していて、それからどこかへ出かけていく。
そこには、少し前までは私がいました。
今そこにいるのは、私ではなく、私によく似たエル子さん。

彼らは3人なのだから、きっと私から声をかければPTに入れてもらえたのでしょう。

入れてもらえる…

そうです。その頃はもう、私が彼と一緒に遊びたいと思うなら自分から声をかけて仲間に「入れてもらう」しかなくなっていたのです。

寂しかったです。
胸にぽっかりと穴が空いたような気持ちでした。

その頃はもう何をしていても楽しくなくなっていて、毎日まるで鉛でも呑んだように体が重く、そのうちドラクエ10にログインしようとすると動悸がして手が震えるようになってしまいました。
ログインすると彼らの楽しそうな姿を見ることになるのだと思うと、怖くて怖くてたまらなかったのです。
自業自得と言えばきっとそうでしょう。

けれど。

このまま続けていると私は壊れてしまう

そう思った私は、しばらくドラクエを休止しようと心に決めたのでした。

眠りにつくまで そばにいて欲しいだけさ
結び目はほどけそうでも
まだ続くと信じてる 朝が来るって信じてる
悲しみは忘れないまま

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBOJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO