ニードルうさこちゃんだって負けてない!

このまえ、うさこちゃんが「ぜんぜん戦闘に連れてってくれない」とこぼしていたので^^;

うちのアイドル枠「ニードルうさこちゃん(実はニードルマン)」が決して可愛いだけではないことを証明するために、レンジャーの特訓のお供をしてもらいました。

お相手はこの子。

「嵐の領界」の「迅雷の丘」にたくさんいるドラゴスライムです。
この子は一度に登場する数が多く、特訓ポイントは2と少ないですがその分一度に獲得できるポイント数が多いのです。
また、レアドロップが「ドラゴンの皮」で、バザーでそこそこ高値なのでこちらも美味しいです。
転生モンスターの「ドラゴメタル」が狙えるのもいいですね。
ドロップ装備も「神託シリーズ」「星辰の盾」となかなかです。

ただ、この子は、メラガイアー、しゃくねつ、火球バズーカ、たいあたりと攻撃が厳しいものが多く、うっかりするとこちらが死んでしまうことすらありますので、割と戦いにくい相手だなぁと個人的には思っています。
なのでこれまでは積極的に狩ることはありませんでした。

そこでうちのアイドル「ニードルマン」の登場です。


ぱぱーん!(効果音)

ニードルマンは短剣が装備できるので、単体相手ならヴァイパーファングやタナトス、カオスエッジなどの状態異常効果付与で活躍もできるのですが、決してそれだけではないのです。
周囲にダメージと麻痺の効果のある「ニードルレイン」が複数相手にかなり効果的なのです。
しかも状態異常成功率アップスキルを2つ取れるので、麻痺の成功確率もかなり上昇します。
正直、ダメージそのものは大したことないのですが、この麻痺がかなり強力!
麻痺に耐性のあまりない相手であれば、ほぼ確実に麻痺させられます。

ということで、さっそく試してみます。

うちのうさこちゃんのスキル振りはこんな感じにしました。

ハリィアップのスキル「ダークレイン」は、周囲に合計580の闇属性ダメージ+猛毒という素晴らしい効果なのですが、CT技であり確実に使ってくれるわけでもないので今回は使うスキルを「ニードルレイン」一本にしました。
踊るほうせき同様「バッチリ」にしていると通常攻撃が多くなりがちなので、さくせんは「いろいろ」にしています。

いざ実践!

今回選んだ場所は「迅雷の丘」のこのあたりです。たくさんいるので枯れる心配もないです。

登場したとき、こんなふうににっこり笑うのがとても可愛いですね。攻撃は可愛くないですけど(笑)。

かなり広範囲に攻撃できています。麻痺する確率もとても高いです。

麻痺すると白目になりますよ。

うまく麻痺してくれると、たいあたりやメラガイアーが防げるので安全に戦えます。自分がレンジャーで行っている場合は「まもりのきり」をしておけば更に安全です。
あとは「ぶんまわし」宝珠を入れた両手バトさんと共に倒すだけ。
うさこちゃん大活躍!
一生懸命攻撃する姿がとっても可愛いです♪

ただ、ニードルレインはMPの消費が激しいので、すぐMPが底をつきます。
ソーサリーリングを装備してもらっても追いつかない感じなので、そこだけ残念ですね。

同じドラゴスライムに、キラパンでも行ってみました。

こちらのほうが確かに大ダメージが与えられてすごいのですが、ニードルレインよりも効果範囲が狭い感じがしました。5匹ぐらい並ぶと端のほうには当たらない感じです。
また、たいあたりで攻撃が止まることもあるし、ブレスなどでキラパンが死んじゃうことも結構あり、あまり効率的ではないと感じました。
個人的にはニードルマンのほうがストレスなくさくさく倒せる感じで楽でした。
適材適所ということなんでしょうね。

ちなみに、今回は一石二鳥以上を狙って「フワフワメガネ」を装備していきました。聖守護者では「わたあめ」必須ですからね。
Vジャンプの仮面があればもっといいですね。

レアドロ2.3をつけた旅さんがいたので、狙い通り「ドラゴンの皮」も結構集りました。

ドロップした装備はこのひとつだけでしたが、なかなか良い効果がついていました。

いかがでしょうか。
ニードルマンは決して「可愛い」だけではなく、とっても強いのです。
たまには、狩りのお供に連れていってあげてもいいかもですよ。


たまになら、ついていってあげてもいいのよ☆

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO