ついに天地雷鳴士の時代到来?【聖守護者の闘戦記】

2018年6月20日

これまであまり人気のなかった天地雷鳴士ですが、なんと新ハイエンドコンテンツの「聖守護者の闘戦記」に席があると聞いて、元々天地雷鳴士が大好きな私はかなりテンションが上がっています(笑)。

聞くところによると「めいどうふうま」が攻撃の中心となるらしく、宝珠を取るために煉獄の谷が混んでいるとのこと。
早目にとっておいて良かったなぁと思いつつ、3玉しか持っていないので、そのうち2玉宝珠を探す旅に出ようかなとも思っています。

ちなみに「めいどうふうまの極意の宝珠」の取り方についてはこちらを参考にしてみて下さい。

とか言いつつ、諸般の事情により私は未だに「聖守護者の闘戦記」に挑んでいませんので、そちらに特化した攻略についてはまだ書けませんが、これまであまり天地雷鳴士を使ったことのない方のために、とりあえず一般的な注意点を書いてみたいと思います。
※なお、今回はカカロンを召喚する場合に特化したものとなります。

天地雷鳴士を使う際の注意点

■召喚時には自タゲでないことを必ず確認
天地雷鳴士の技は、どれもコマンドを選択してから発動するまでの硬直時間が長いのですが、召喚する際にも1.8秒?ぐらいの硬直があります。
再召喚の場合、召喚コマンドを選択した瞬間にげんまは消えてしまうので、げんまが召喚される前に自分がやられることのないよう気をつけて下さい。

■げんまの出ていない時間がないようにする
げんまの出現している時間は2分間で、消える前にアイコンが点滅しますので、見逃さず必ず消える前に再召喚を忘れないようにしましょう。

■硬直時間に注意
上でも書いたように、天地雷鳴士の使う技はどれもコマンド入力後発動するまでの硬直が結構長いです。
範囲攻撃に巻き込まれそうになって回避しようとしても動けないことがありますので、敵の動きには十分注意してください。

特に「れんごく火炎」や「天地鳴動の印」はかなり発動に時間がかかります。

効果的な使い方

■げんま解放について
カカロンが使うヒーリングオーラは、

・死んでいるPTメンバーの蘇生
・HPの回復(回復量は僧侶の必殺ほどではないです)
・すべての状態異常を解除
・守備力1段階上昇
・ブレス耐性1段階上昇

というすごい効果があるのですが、残念ながら狙ったタイミングで発動させることが出来ず、カカロンさん次第というところが厳しいところです。

なので、CTがたまったらとりあえず「げんま解放」を使っておく、というのが良いと思います。
(壊滅寸前でうまく発動して救われたことは数知れずあります。)

なお、これはあくまで私の体感でしかないので確実かどうかはわかりませんが、「げんま解放」後、ヒーリングオーラをまだ使ってない状態でアイコンが点滅しだす(時間切れによる自然消滅の合図)と、カカロンさんは勿体ないと思うのか(笑)、消える前に慌ててヒーリングオーラを使うことが多いようです。

ですので、ヒーリングオーラを使ってくれたら再召喚でもいいかもしれません。
(もちろん状況次第です)

■カカロンの初動について
PTメンバーの誰かが死んでいる場合、召喚後の最初の行動は必ずザオリクになります。
カカロンは、複数が死亡していても連続してザオリクを唱えてくれない場合やヒーリングオーラを使ってくれない場合があるので、これを利用して、わざと再召喚して確実に蘇生させるという使い方を推奨している方もいますが、私はこれはおススメしません。

何故かというと、複数死亡している=自タゲになる可能性が高いということなので、下手をすると召喚中に自分が死んでしまい、カカロンが消滅しただけで召喚ができない、という事態になる可能性があるからです。
なので個人的には複数死亡の場合はカカロンに頼らず世界樹の葉を使用する方が良いと思います。

■技の対象範囲
ハイエンドバトルになると時間も厳しいことから、おそらく天地雷鳴士も補助ではなくメイン火力として参加することになるかと思います。

メインで使うであろう「めいどうふうま」は射程距離が10mで対象範囲が8mですので覚えておくと良いと思います。

10mとか8mと言われてもよくわからないという方はこちらを参考に。

なお、あまり使わないかもですが「いなずま」は自分を中心とした対象範囲技ですのでかなり敵に近づくことになります。また「じわれ」も射程が短いので注意してください。

■技の連携
おそらく「めいどうふうま」連打、CTたまれば「マグマ」という使い方になるのでしょう。
それぞれの技には確率で特定の属性耐性を下げる効果が付与されることがあります。
(きようさが高いほど確率は上がります)
「マグマ」には土耐性を下げる効果があるので「めいどうふうま」と連携が可能です。

また「めいどうふうま」は風耐性を下げることがあるので「水神のたつまき」との連携が狙えます。

これらの連携についても少し意識しておくと火力を高めることができるかもしれません。

■MP消費について
天地雷鳴士の技はとにかく消費MPが大きいです。
長時間のバトルになるとあっという間にMPが尽きてしまうと思います。

上で書いた通り技による耐性低下を狙うため、ふだんは腕装備は「きようさ」をお勧めするのですが、ハイエンドバトルでは「MP消費なし」にするほうがいいのではないかと思います。

まとめ

以上、とりあえず思いついたことだけ書いてみました。
訂正や追加がありましたら適宜加筆修正します。

非常にざっくりですが、何かの参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBOJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO