アストルティア昔話(第11話) -コインボスは理論値の夢を見るか

2018年4月25日

さて、そんなわけで地味にアストルティアを楽しんでいたエル子だったが

フレンドはなかなか増えず、チームにも入ってみたものの今ひとつなじめず、てことでやっぱりソロでの活動がほとんどの状況だった。
コミュ障は大変だな。

そんなある日、冒険者の広場に「冒険日誌」がオープンした。

元々本を読むことが大好きだったエル子は、それ以後、他のプレイヤーの書いた日誌を読むのが日課になっていた。

そんな中、ふと目に留まった日誌があった。
エル子は何故か「冒険日誌」と同じぐらい「提案広場」を見るのも好きだったんだが、運営に対するネガティブな意見が割合多く見られた中で、いつも「おうえん」カテゴリーで心温まる、そして少し笑える内容の投稿をしているプレイヤーと同じ人物がその日誌を書いていたんだ。
日誌のコメントも和気藹々としていて、その人の人柄が偲ばれる良い雰囲気で、エル子はそれからも時々、その人の日誌を好んで読みに行くようになっていた。

その日誌の中に「物が雑然としていて散らかり放題」であるという自宅の様子が書かれていて、何故かふとそれが「見たい」と思ったエル子は、こっそりとその人の自宅を一人で訪ねて行ったんだと。
そして、そこにあった畑に何気なく水撒きをしたわけだが、その人は、たった一度水撒きをしたエル子のことをキャラIDから探して、エル子の広場のページの足跡コメントにお礼を書き込んでくれていたんだ。
これにはエル子もびっくりしたんだが、結局それがきっかけでその人とフレンドになることになったというわけだ。

その人物とフレンドになったことから日誌での交流が始まり、そこからエル子は実にたくさんのプレイヤーとフレンドになることが出来たんだ。
その中の数人とは特に親しくなり、超へっぽこだったエル子も一緒に色々な強敵に挑ませてもらえるようになっていった。

強ボスたちやコインボスのアトラス・ベリアル・バズズ、そしてこの3ボスが一緒になった「悪霊の神々」。
それまでは、エル子にとってボスコインは「売るもの」だった。
無論へっぽこな自分には勝つのは到底ムリだと思っていたからだ。

だが、当時その人物経由でフレンドになった人たちは、エル子の地雷ぶりを知りながらも全く躊躇することなく高価なコインボスに「一緒に勝とう」と言って連れ出してくれたんだ。
このことは今でもエル子はとても深く感謝しているんだと。


※貴重な当時の写真。確かバサグランデ強に初めて挑んだときのもの。

さてそのコインボスなんだが。

最近始めたプレイヤーはもちろん知らないだろうが、当時コインボスの報酬に「アクセサリーの破片」は存在しなかった。
コインボスを倒したら、宝箱から出るのは「アクセサリーの現物」か「まほうの聖水」のどちらかしかなかったんだ。
そして、確率は今と変わっているかどうか知らないが、アクセサリーが出る確率はとても低かった。
運が悪ければ、何度挑んでも「まほうの聖水」しか出ないことすらある。
当時は、カードも実装されていなかったし4枚同時投入することも出来なかったから、ボスコインはとても貴重だったし一戦一戦が真剣勝負だった。

更に

合成屋リーネは今よりもっともっと鬼畜だった。

大変な思いをしてもぎとったアクセサリーに、いとも簡単に「意図しない効果」を合成してくれる上に、4回目以上の合成では、せっかくついた良い効果も平気で上書きしていたんだ。
そうさ、当時は「消す効果」の選択すら出来なかったわけだ。
実装当初からすればリーネもずい分と優しくなったもんだよなぁ。
まぁそれでも今でもたくさんのプレイヤーを毎日絶望のふちに叩き落していることに変わりはないわけだけどな。

今から考えれば、その当時がコミュ障エル子にとっての黄金期。

フレンドさん主催の数々のプレイヤーイベントにも積極的に参加した。

だが、月日は否応なくいろんな物事を変化させていく。

エル子にたくさんの楽しい思い出とフレンドをプレゼントしてくれた件の人物は既にフレンドではなくなり、アストルティアからもいなくなっている。
そして、当時のフレンドの中にも引退や休止をした人たちはたくさんいる。

エル子は思う。
人と人を結び合わせる糸は時に何かに引っかかり途切れてしまったりするけれど、たとえその後二度と結ばれることはなかったとしても、当時の楽しかった記憶はエル子の中では途切れることなく今も輝いている。

なんてな。

ガラにもなく感傷的になっちまったな。

てなとこで何だかオイラ恥ずかしくなってきたんで今回はここまでにしとくな。
へっぽこエル子の昔話はもうちょっと続く予定だから、良かったらまた読みにきてくれよな。

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO