【無謀な挑戦シリーズ】へっぽこエル子レグパラになる!(まとめ①)

2018年2月3日

ごきげんよう、にゃんパラリターンズです。

え?
うさパラ?

…そんな時代もあったよね♪

↓そんな時代

↓こんな時代

さて今回は、これまでの実践を元にレグパラの基本のおさらいをします。
スポーツでも「動きをイメージする」ことはとても大事と言われますよね。なのでイメージトレーニングはとても大事です。

と、その前にパラディンに必須のスキルとレグナードの行動パターンの説明をしておきます。(あくまでレベル1のサポ討伐を目的とした視点になります。)

まず今回はスキルについて説明していきますね。
しかしながら何分にもへっぽこの知識ですので間違いがあればご指摘くださいませ。
※なお、文中のCT(チャージタイム)とは、そのスキルを使えるようになるまでの時間です。

大ぼうぎょ(はくあいスキル)

みのまもりが400以上あれば、受けるダメージを70%カットできます。「大ぼうぎょの極意」の宝珠レベル5をセットする事で80%カットになります。
なお、大ぼうぎょは15秒で切れますが、自分でキャンセルも可能です。大ぼうぎょ中は動けなくなりますので、とっさの解除遅れに注意です。

ヘヴィチャージ(はくあいスキル)

自重を2.5倍にします。
効果時間は90秒です。「果てなきヘヴィチャージ」の宝珠をつけることで宝珠レベルごとに3秒ずつ効果時間の延長が可能です。
ver4で僧侶のズッシードの重さが1.5倍に下方修正されてしまったので、ヘヴィチャージをズッシードで上書きすることは出来なくなりました。
余裕を見てアイコンが点滅する前に更新するクセをつけたいところ。

聖騎士の堅陣(はくあいスキル)

すべての攻撃を1回だけ無効化します。1回で解けてしまうので連続攻撃には耐えられません。過信は禁物。
それと、「すべての攻撃を」無効化するので、このスキルを使っていると、たとえテールスイングをジャンプで避けたとしても、こちらが優先されるので堅陣が解けてしまいます。無駄に消費してしまわないよう注意したいですね。
とは言え私には中々難しいですけどね。

ファランクス(盾スキル)

受けるダメージを25%カットします。これ単体では攻撃無効化は当然無理で、大ぼうぎょ(大ぼうぎょの極意の宝珠付き)と組み合わせることで無効化することが可能になります。
CTは60秒で持続時間は30秒です。
ちなみにファランクス中はこちらの攻撃力も25%下がりますが、レグナードではパラディンは攻撃することがほぼないので支障はありません。

アイギスの守り(盾スキル)

スキルポイント160〜180で習得できます。160スキルだとCT220秒、170スキルだとCT180秒、180スキルでCT110秒です。レグナードで使いたい場合は180スキルに設定するといいと思います。
効果は3つあり、
・被ダメージ25%カット(ファランクスと同じ)…効果時間40秒
・会心、暴走ガード…効果時間90秒
・盾ガード率アップ(ビッグシールドと同じ)…効果時間120秒
となっています。
レグナードでの使い方としては、ファランクスと同様に、大ぼうぎょと併用する形で100%のダメージカットにします。
体感的にはモーションがモッサリしている(派手だけども!)のでファランクスよりほんの少し発動が遅いかなと感じます。

スケープガード(チャンス特技)

これはスキルではなく、戦士とパラディンが使えるチャンス特技です。なので狙って発動させることは出来ませんが、使うと30秒間周囲にいる人をかばってダメージを−100することができます。
これもファランクスのように大ぼうぎょと組み合わせることで500以下のダメージなら無効化できます。
CT技の温存のためにもチャンスの青文字が表示されたら積極的に使うといいかなと思います。

まもりのたて(盾スキル)

120秒間状態異常などの悪い効果にかかりにくくなります。発動確率は50%程度と言われています。
レグナード戦では主に咆哮のショック状態を防ぐ目的で使います。これがうまく発動すれば、特にサポ戦では展開がだいぶ楽になります。
が、あくまで確率なので、過度な期待は禁物です。発動しない前提で動くようにしたいです。

におうだち(はくあいスキル)

ダメージを25%カットして、範囲内にいる仲間をかばうことが出来ます。
ブレスG75%以上あれば、におうだちする事で範囲内にいる仲間をブレス無効化できるので、前に出てくることの多いサポをかばえるメリットはありますが、次のターンで通常攻撃されたりすると大ぼうぎょが間に合わなくてパラディンが死んでしまう恐れもあるので、使いどころは難しいです。
ただ、ジャンプしてにおうだちすることで、パラディンの近くまで寄ってきた挙句テールスイングで死んでしまうサポをかばうことは可能でしょう。そんなかっこいいこと私は出来ませんが(きっぱり)。
というわけでレグナードではあまり活躍の場はないスキルかもです。

心頭滅却(きあいスキル)

120秒間ブレスを40%カットします。つまりこちらのブレスGが60%あればこれを使うことで100%ブレスを無効化できます。
しかしながら発動までのモーションが長くて少々使いにくい印象です。
パラディンはブレスG60%以上あるのが基本で、その場合大ぼうぎょでブレス無効化できますので基本的には使わなくていい特技になりますが、サポ戦でフバーハが切れている時の咆哮は脅威ですので、余裕がある時は使うといいと思います。

ウェイトブレイク(ハンマースキル)

約50%の確率で敵の重さを半分にすることができます。「ウェイトブレイクの技巧」の宝珠入りなら確率がアップしますが、レグナードには少し耐性があるようで効きにくいようです。使うとしても1限定になるかな。
何より、今はヘビィチャージの倍率がアップしているので、割と簡単にパラディン1人で押し勝ちラインに到達できますから、現在の4人PTでこれを使う必要はほぼないのでは?と思います。
けれども、サポ攻略で重さが「押し勝ち」ラインを超えていても「完封」には遠い場合は、これを使うことで咆哮時にラインが下がりにくくなるかと思うので、サポ攻略では積極的に狙うといいと思います。
ただしレベル1限定です。2では宝珠込みでもなかなか効かないと思います。
また、効かないからといって連発しているとうっかりパラディンへの怒りを誘発してしまうこともありますし、せっかく効いても光の波動で打ち消されることもあります。
残りHPが75%〜50%の間は怒りのトリガーが呪文のみになるのでこの間なら安全です。

キャンセルショット(ハンマースキル)

物理ダメージと共に敵の行動を80%の確率で中断します。耐性がある敵の場合、確率は下がるようで、おそらくレグナードには少し耐性があるのではと思います。レベルが上がるほど効きにくくなります。
この特技は、とろうとした行動を中断するだけで相手のターンは消費されませんので、キャンセル後はすぐにまた行動するのに対してこちらは1ターン消費しますので、次の行動に備えるのが難しくなります。
とは言え咆哮をキャンセルできるとかなり有利になるのでサポ戦では有効ですが、タイミングが難しいのと、失敗した時のリスクが大きいので、これを使うよりウェイトブレイクで重さを下げるほうを私はお勧めします。

不動のかまえ(はくあいスキル)

スキルポイント160〜180で習得できます。160スキルだとCT140秒、170スキルだとCT110秒、180スキルでCT90秒です。レグナードで使いたい場合は180スキルに設定するといいと思います。
効果は、ヘヴィチャージ+スカラ(×2)+ふっとびガード80%で、効果時間は90秒です。
シャーマンシールドを持っていれば基礎効果に「ふっとびガード5%」がついているので、それプラス宝珠と「ふっとびG10%」付きの輝石のベルトで「100%おたけびでふっとばない」状態がつくれます。
ですが、100%は輝石のベルトありきなので、ハイドラベルトをはずすことになり、重さ確保がその分難しくなります。
80%でもCTない時にはおたけびでふっとばない確率が上がりますし、ヘヴィチャージも更新できるので使っておくのはかなり有効かと思います。
ただ、開幕即使えるわけではないので最初のターンエンドのおたけびには間に合いません。
(私はスキルの関係で不動のかまえはセットしていないです><なのでちゃんと検証できるようになったらまた更新します。)

パラディンガード(必殺技)

30秒間すべての攻撃を無効化できますが、同時に敵の怒りがパラディン1人に集中します。
うまく使えば戦況の立て直しができますが、基本的にレグナード戦では使わない方が良いと思います。
(現在は物理構成で意図的に使う場合もあるようですが、かなり難しいしリスクも高いらしいです。)
特にレグナードの文字の色が黄色(HP50%)以下の時に使うと竜の咆哮を誘発してしまうので厳禁です。
文字の色が白の時でも、パラディンガードが切れた後もレグナードの怒りが残っている場合があり、大防御が間に合わなくてパラディンが死亡という事態を引き起こす可能性があり危険です。
どうしても使いたいなら切れる前にロストアタックをするようにして下さい。
後、パラディンガードはいてつくはどうは防げませんので注意です。
ピンチの時に一か八かで使う、程度に考えておいたほうがいいですね。

とりあえずここまで。
次回はレグナードの行動について書きます。

I’ll be back!

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO