そうだドラクエ10を舞台にした小説を書こう!と思ったきっかけ

2017年10月26日

小さな頃から、本を読むことが大好きでした。
そして、子どもの私には、実は妖精が見えていました。
親からも「いるのかいないのかわからない」と言われるほど大人しかった私。
自分に自信が持てず、人に嫌われることが極端に怖く、それでいて人と同じように出来ない私。
集団が怖くて現実の生活がとても辛くて、小学生の頃は絵に描いたような「不登校児童」でした。

そんな自分のことを私自身が嫌っていたので、周囲の人に見えないものが見えていることは誰にも言いませんでした。
「変な子」と言われることが怖かったのです。

もちろん、今の私には、それは単なる空想の産物だとわかっています。
でも幼い頃の私は、とてもとても夢見がちで、空想と現実の区別がなかなかつかない子でした。
本を読むと、するりとその世界に入り込んでしまい、なかなか外に出られなくなって数時間ぼーっとしていたり。
そんな調子でしたから、周囲から見れば、私という子どもはとってもふわふわした掴みどころのない存在だったのだろうと思います。

つまりファンタジーが大好きなのです。昔も今も。

ドラゴンクエストは剣と魔法の世界です。
王道ファンタジーなのです。
だから私はアストルティアの風景が、世界観が大好きなのです。

妖精が見えなくなってしまった今でも、私はアストルティアの世界に住むNPC達のことや、仲間モンスターの日々の暮らしを色々想像してみたりしています。
いつ話しかけても同じセリフしか言わない町の人にも、ずっとモンスター牧場で暮らしている魔物たちにも、きっと彼らなりの思いがあるのだと思っています。

「創作の小部屋」では、このアストルティアに住まう者たちの世界を、私なりに表現したいと思っています。
※ドラクエ10を舞台にしたオリジナル小説です。

もちろん私は作家ではないし、書くことは好きですが決してうまいとは言えません。
稚拙であったり読みにくい部分も多々あろうかと思いますが、愛情を込めて私なりに「アストルティアの世界」を描いてみたいと思いますので、お暇な時にでも、ちらりと覗いてみていただければとてもとても嬉しく思います。

yuzuremon拝

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加してみました。よろしければ押して帰っていただければとても励みになります。どうぞよろしくお願いします。


ドラゴンクエストXランキング
このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.(C)SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO